時代とともに変わる雛人形で桃の節句を飾り付けよう

販売、レンタルができる通販の使い方や魅力

費用を抑える方法

本当に大切な人と行う直葬

本来、葬儀というのは、非常に費用がかかり準備期間が非常に大変で、上に本来はあんまり関係ない、何年も出会ったことがない人まで呼ぶ必要があります。 直葬は、本当に親しい家族や友人のみを呼んで葬儀を行うことができるので、残された家族や友人に精神的にも、金銭的にも負担をかけることがないように、短期間でなおかつ、とても安価に葬儀を行うのが直葬です。 葬儀は、準備期間や、訪問者の対応なので近親者になればなるほどじっくりと別れができません。直葬は、招待客が非常に少なくて済んで、短期間で準備ができて、親しいもの同士でじっくり葬儀を行うことができるます。直葬は火葬による葬儀が一般的で、通夜などの儀式を行いことが多いです。

直葬のメリットとは

直葬とは、通夜や告別式を行わず、家族やごく限られた近親者のみで火葬するという葬送の形態です。葬儀をする経済力がない、宗教儀式に意味を感じないなど理由は様々ですが、近年この直葬を選ぶ方は着実に増えています。 直葬のメリットとして挙げられるのは金銭的負担の軽さです。一般に葬儀費用の全国平均は約200万円と言われていますが、僧侶等を呼ばず、弔問客もごく限られた直葬の場合、費用は約20万円ほどで済む場合が多いようです。 また弔問客が少なく寂しいものと思われがちな直葬ですが、家族にとっては葬儀の段取りや弔問客への対応に煩わされず、ゆっくりと故人との最期の時間を過ごし、心を込めて見送れるというメリットもあるようです。 とかく「無縁社会」の象徴のように扱われがちな直葬ですが、見方によっては故人を想い、その意思を重んじた葬送スタイルなのかもしれません。